テクノスエンジニアリング
株式会社 テクノス エンジニアリング 〒794-0005 愛媛県今治市大新田町2丁目4-35 TEL:0898-35-1235
『日本籍船舶のトン数』の詳しい知識

『日本籍船舶のトン数』の詳しい知識

トップページ >  船の知識 >  『日本籍船舶のトン数』の詳しい知識


dot はじめに


『船舶のトン数の測度に関する法律』 の概要です。


日本船籍では、トン数の測度(計算)は国土交通省の管轄です。

管轄運輸局等から検査員が実測にきます。


~ 『トン』の起源 ~


たる

船の大きさをあらわすとき、重量トン、総トンなどの単位が用いられますが、このトンという単位の起源は・・・


15世紀のイギリスでは、ウイスキーの酒樽を小槌で叩きながら数を数えていました。
この時の、樽を叩く音が“トン”と聞こえたので、船の大きさを『トン(Ton) 』と表すようになったそうです。


俵

ちなみに日本では・・・

江戸時代の日本では、米の量を『石(こく)』という単位を用いていました。
なので、積むことができる米の石数で船の大きさを表していました。
米を最大500石積める船を「五百石船」。最大1000石積める船を「千石船」等と呼んでいたそうです。


-BACK-
船の知識
-NEXT-
目次


HOME | 会社概要 | 事業内容 | BWMS | BWMS条約関連 | 船の知識 |

採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | サイトのご利用にあたって | 個人情報保護方針

© 2017 Tecnos Engineering co.,ltd.